周術期管理チーム認定制度

NEWS RELEASE 新着情報

【これから資格申請される方必読】よくある問い合わせと書類審査不合格事例(更新・再認定申請)

周術期管理チーム認定 更新・再認定申請予定者 各位

10月2日 10:00AMより申請受付を開始します、周術期管理チーム資格(更新・再認定申請)に
ついて、よくあるお問合せ、不備事例をまとめました。
申請前にご一読ください。
なお、不備連絡の開始時期は、改めて、HP新着情報にてお知らせ致します。
(10月下旬~11月上旬予定)

1.よくある問合せ

種別 よくある問合せ 回答
申請できない
申込ボタンが表示されず、申請ができません。
認定申請に必要な要件(日本麻酔科学会主催のセミナー受講歴)を満たしておりませんので、申請画面にお進みいただけません。
申請要件は、申請要綱、内規にてご確認ください。
入力誤り
データ送信後に、提出書類PDFで、記載内容の誤りを見つけました。修正可能でしょうか。
「送信」ボタン押下後は修正できません
入力内容確認ページで、記載内容を確認のうえ申請データを確定(「送信」ボタンを押下)してください。

【よくある入力誤り】
・勤務先/連絡先の郵便番号、住所、TEL・FAX
・勤務先名称(誤記、誤字が多い)
・他学会受講歴(選択誤り/看護師・臨床工学技士 新規・更新申請のみ)
・最終学歴の卒業年月日
・職務経歴(一部経歴入力漏れ、施設名・部署名誤り、休職期間の入力漏れ)
氏名不一致(証明書)
受講証明書が旧姓となっており、申請の氏名と異なりますが、不備申請となりますでしょうか。
申請時に必ずマイページで旧姓登録を行ってください。旧姓のご登録があれば、書類確認の際に、照合させていただきます。(一致すれば、不備とはなりません。)
受講歴
WEB申請画面で、セミナーを選択しても次へ進めません。受講歴が不足しているのでしょうか。
申請する受講歴が、多くても少なくても次の画面に進めません。
WEB申請マニュアル/Ⅱ.WEB申請/2.セミナー受講歴にならい、申請する受講歴を指定してください。
受講歴
受講証明書はどこから印刷できますか。
再発行はできますか。
よくある質問をご参照ください。
https://public.perioperative-management.jp/faq/archives/43
また、WEB申請マニュアルの「Q&A」ページにも記載しています。
※WEB申請マニュアルはHP/認定制度について/資格申請ページに掲載しています
受講証明書
参加したセミナーの領収書が申請手続きの際に必要になると思うのですが、どこから印刷できますか。
申請に必要なものは「領収書」ではなく「受講証明書」です。
詳細はよくある質問をご参照ください。
https://public.perioperative-management.jp/faq/archives/14

また、WEB申請マニュアルの「Q&A」ページにも記載しています。
署名・捺印
職務経歴書(様式2)の署名・捺印はどの施設で取得すればよいですか。
WEB申請マニュアルの「Q&A」ページをご確認ください。
※WEB申請マニュアルはHP/資格申請ページに掲載しています

 

2.提出書類の不備事例

WEB申請マニュアルの「書類審査の不合格例」をご参照ください。

申請の際は、WEB申請マニュアルに従ってお手続きください。
また、誤記、転記・変換・選択ミスがないか必ず確認のうえ、申請データの確定(送信)を行ってください。
WEB申請時の入力項目チェックリスト(WEB申請画面の「確認&送信」ページのトップにPDFが表示されます)、様式印刷時の提出書類チェックリスト(様式の最終ページに出力されます)もご活用ください。

以下は不合格となり不備連絡もしない事例となりますのでご注意ください。

不合格事例 詳細
申請書類が提出期日
(11月15日 17:00必着)
までに提出されない。
WEB申請後に指定書類の提出(書留等による送付)が必須です。(申請者全員)
また、期日までの事務局必着が条件となります。
期日までに提出がない場合は不合格となり、不備連絡もしません。

※送付料金不足は受取拒否させていただきます。これに伴う期限超過も認められません。
提出書類に漏れがある。
書類不足は不合格となります。不備連絡もしません。

ご不明な点がございましたら、「よくあるご質問」をご確認のうえ、 HPのお問合せフォームよりご連絡ください。

  • Category:
  • Author:事務局

【重要】2023年度周術期管理チーム認定筆記試験受験者一覧発表(合否判定基準も含みますので次年度以降の申請者もご確認ください)

2023年度周術期管理チーム看護師・薬剤師・臨床工学技士 新規申請者 各位

平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
2023年度周術期管理チーム認定資格(新規)申請について、書類審査結果を
以下の通りと致しますのでご確認ください。
会場については申請時のご希望を配慮はさせていただいておりますが、
ご希望にそえなかった際はご了承ください。
各会場別に受験者一覧を掲載しておりますのでご確認の程、よろしくお願い致します。

  東京会場受験者一覧
  神戸会場受験者一覧

【受験者各位】
受験票につきましては、9月20日(水)~11月17日(金)の期間内に、
マイページ/資格申請 より各自ダウンロードください。
試験要項も同時にダウンロードされます。

・受験票に記載された試験会場ならびに試験要項を必ず事前にご確認ください。
・当日は、受験票をご持参ください。
・会場設備や受験の際に、配慮が必要な場合はHPよりお問い合わせください。
(お申し出期限は、10月4日(水)です。詳細は試験要項を参照。)
・マスクは常時着用が必須となります。
・その他、コロナ感染予防対策については、厚生労働省等の最新情報を
 確認いただき、遵守・ご協力をお願いいたします。

【2023年度新規申請 合否判定基準】
2023年度書類審査において審議対象となった申請内容は下記の通りです。
2023年度申請においては審議の結果、合否判定を行いました。

  ■必要な資格要件を満たされていない方
     期日内に指定書類の提出がなかった方(不足含む)
     基本情報に不備があった方(免許番号・取得日の記載誤り含む) 
     業務経験に疑義があった方
     指定のセミナーの受講歴がない方
  ■不備連絡に対応されない方(回答・修正意志なし、期日内に正式な書類が提出されない等)

尚、2024年度(翌年度)申請では、上記含む下記全てにおいて不合格となります。
不備書類として申請者へ問い合わせ、再提出依頼等を行いませんので、
必要書類、資格要件の確認はご自身で十分行ったうえで申請いただきますよう、ご注意ください。

 1.申請書類不足
   (証明書の添付漏れ、所定の証明書以外を添付等)
  ※受講証明書は申請した受講歴全てについて提出が必要となります
   (日本麻酔科学会主催セミナーも、受講証明書写しを提出すること)
  ※免許証は申請時点で有効なものの提出が必須、免許証以外の書類は認められません
   (再交付には相当時間を要します。あらかじめ、再交付前の免許証の写しを保管、
   担当機関に発行時期を確認等、各人でご対応ください。)
 2.マイページの登録内容と提出証明書・申請書の記載内容が一致しない
   (記載漏れ・誤り(施設名等の誤記が多い)、証明書添付誤り、
    申請書類の一部が手書き、氏名が不一致、
   【看護師申請のみ】日本手術看護学会主催のセミナー参加証に氏名等の必要事項の記載がない等)
  ※免許証番号・取得日の相違(申請書類の記載誤り)は、本人確認できず、
   業務歴も異なってくるため、不合格となります   
  ※署名欄以外は、手書き追記・修正は不可
  ※各種証明書と氏名が不一致の場合、旧姓登録が必須となります
  ※【看護師申請のみ】日本手術看護学会主催セミナー参加証に氏名等の記載がなければ、
    記入のうえ、ご提出ください
 3.業務経験の記載漏れ・不足、証明欄不備
   (手術室業務・周術期関連業務以外の職歴の記載がない、
   責任者署名がない、押印漏れ・不明瞭、業務内容の説明がない)
  ※現在に至る全ての職歴について申請が必要です
  ※手術室業務、周術期関連業務の対象職歴について、
   部署名がプルダウンの選択肢以外の場合は、具体的な業務内容の説明記載が必須です
 4.写真(写真票)が証明写真に相当しないもの
   (規格サイズ・縮尺でない(縦長に伸びる等)、貼付位置・向きが指定外、不鮮明、
   携帯での撮影、全身撮影等の規格外)
 5.WEB申請マニュアルに従っていないもの
   (全てコピー書類を提出、縮小印刷・両面印刷・2in1印刷(1 枚にまとめて印刷)、
    【看護師・臨床工学技士申請のみ】
    証明書貼付用紙に貼り付けていない・誤った証明書(貼付指示のないもの)を貼付)
 6.複数の申請書類の同梱送付
 7.その他
   郵便料金不足につきましては、受取拒否させていただきます。これに伴う期限超過に
   ついても審査会では一切責任を負いません。

また、不備連絡、各人の登録メールアドレスに送付しております。
不備連絡を受領の際は、指示内容に従い、期日までに再提出を行ってください。
(申請内容に変更がない等の場合も、連絡は必須となります。)
確認漏れ・遅れ等に対する期限の延長は行いません。メールアドレス設定誤り、
受取拒否設定につきましても同様となりますため、日頃よりマイページ管理をお願いします。
再送期限までに提出がなければ、その旨を審査会に報告し、合否判定いたします。
あらかじめご了承ください。

  • Category:
  • Author:事務局

受講証明書の発行開始のお知らせ(2023年度支部周術期管理チームセミナー:9月9日開催分)【疑義申出期限:2023年10月31日】

2023年度北海道・東北支部周術期管理チームセミナー    受講者 各位
2023年度中国・四国支部周術期管理チームセミナー     受講者 各位
2023年度九州支部周術期管理チームセミナー        受講者 各位

 平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
2023年度支部周術期管理チームセミナーにご出席頂き、有難うございます。
当日全てのセミナーをご聴講頂いた方は、マイページより受講証明書の
ダウンロードが可能となっております。
アンケートご回答後にダウンロード可能となりますので、下記に沿ってご出力ください。

  PC等でID・パスワードを入力してログイン
           ↓
  「セミナー申込履歴・参加実績」をクリック
           ↓
   該当セミナー欄に表示の「アンケート回答」のタグを
  クリックの上、アンケートに回答
           ↓
  アンケート回答後、受講証明書(PDF)が表示されます
           ↓
  受講証明書のタグをクリックし、ダウンロード
           ↓
  ダウンロードした受講証明書をPC等(プリンターが接続されている端末)
  より出力下さい

 尚、欠席者ならびにセミナー開始10分以降の入室者・セミナー終了10分前の退出者、
入退室時に受講票をかざさなかった方、退出の際に受講票が回収出来なかった方、
ご本人以外の来場が疑われる方については、受講証明書は発行されませんので予めご承知おき下さい。
受講の有無の疑義については、2023年10月末までにHPお問い合わせフォームよりお申し出ください。
10月末時点で、受講者確定とし、これ以降の受講有無の疑義お申し出については却下させていただきますのでご了承ください。
 
 以上、何卒宜しくお願い申し上げます。

  • Category:
  • Author:事務局

受講証明書の発行開始のお知らせ(2023年度支部周術期管理チームセミナー:9月2日開催分)【疑義申出期限:2023年10月31日】

2023年度関東甲信越・東京支部周術期管理チームセミナー  受講者 各位
2023年度東海・北陸支部周術期管理チームセミナー     受講者 各位
2023年度関西支部周術期管理チームセミナー        受講者 各位

 平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
2023年度支部周術期管理チームセミナーにご出席頂き、有難うございます。
当日全てのセミナーをご聴講頂いた方は、マイページより受講証明書の
ダウンロードが可能となっております。
アンケートご回答後にダウンロード可能となりますので、下記に沿ってご出力ください。

  PC等でID・パスワードを入力してログイン
           ↓
  「セミナー申込履歴・参加実績」をクリック
           ↓
   該当セミナー欄に表示の「アンケート回答」のタグを
  クリックの上、アンケートに回答
           ↓
  アンケート回答後、受講証明書(PDF)が表示されます
           ↓
  受講証明書のタグをクリックし、ダウンロード
           ↓
  ダウンロードした受講証明書をPC等(プリンターが接続されている端末)
  より出力下さい

 尚、欠席者ならびにセミナー開始10分以降の入室者・セミナー終了10分前の退出者、
入退室時に受講票をかざさなかった方、退出の際に受講票が回収出来なかった方、
ご本人以外の来場が疑われる方については、受講証明書は発行されませんので予めご承知おき下さい。
受講の有無の疑義については、2023年10月末までにHPお問い合わせフォームよりお申し出ください。
10月末時点で、受講者確定とし、これ以降の受講有無の疑義お申し出については却下させていただきますのでご了承ください。
 
 以上、何卒宜しくお願い申し上げます。

  • Category:
  • Author:事務局

2023年度周術期管理チーム再認定申請の受付について

2023年度再認定対象者 各位
(周術期管理チーム看護師・薬剤師・臨床工学技士を失効後の猶予期間内に該当する方)

2023年10月2日(10時)より、2023年度周術期管理チーム認定 再認定申請の
受付を開始致します。

HPの「認定制度について」⇒「資格申請」より「該当職種(再認定)」を選択し、
「2023年度申請要綱」を確認のうえ、申請方法に従って期限迄にご提出下さい。
(WEB《電子》申請を行った後、必要書類を書留等で郵送)

 【申請期間】
  2023年10月2日(月)~2023年11月15日(水)17:00 提出書類必着
 【対象者】
  
更新の手続きをしないことにより、資格を喪失したが、
  更新の猶予期間内に該当する者
 【WEB申請】
  資格申請要綱の『WEB申請方法・マニュアル』参照
  ※WEB申請マニュアルは、申請開始時に公開予定です。
  ※「申込」ボタンは、要件となる日本麻酔科学会セミナーの
   受講歴を満たす方のみに表示されます。 
   (「申込」ボタンは、10月2日10:00am以降、申請期間内のみ表示)     
 【注意事項】
  ・コンビ二支払いは着金まで時間を要します。提出書類の一部は着金後にマイページより
   出力可能となります。再認定料(審査料・登録料)をコンビ二でお支払いになられる際は
   提出期日より余裕をもって申請の手続きをして下さい。
  ・2022年4月1日~2023年3月31日までに、申請要綱で指定する受講歴がない場合、
   申請要件を満たしませんので、更新できません。
   (日本麻酔科学会セミナーの受講歴は、マイページでご確認いただけます。) 
  2019年4月1日付で資格失効となった方:
   来年が再認定申請が可能な最終年度となります。
   再認定申請は前年度内に受講歴を取得する必要があります。
   なお、猶予期間満了後は新規申請扱いとなりますので、筆記試験の受験も必要となります。
     参考リンク:よくある質問「再認定申請について教えてください

 

  • Category:
  • Author:事務局

2023年度周術期管理チーム更新申請の受付について

2023年度更新対象者 各位
(周術期管理チーム看護師・薬剤師・臨床工学技士 2021年4月1日認定者)

2023年10月2日(10時)より、2023年度周術期管理チーム認定 更新申請の
受付を開始致します。

HPの「認定制度について」⇒「資格申請」より「該当職種(更新)」を選択し、
「2023年度申請要綱」を確認のうえ、申請方法に従って期限迄にご提出下さい。
(WEB《電子》申請を行った後、必要書類を書留等で郵送)

 【申請期間】
  2023年10月2日(月)~2023年11月15日(水)17:00 提出書類必着
 【更新対象者】
  認定期間が2021年4月1日から2024年3月31日までの
  周術期管理チーム看護師・薬剤師・臨床工学技士 
 【WEB申請】
  資格申請要綱の『WEB申請方法・マニュアル』参照
  ※WEB申請マニュアルは、申請開始時に公開予定です。
  ※「申込」ボタンは、要件の一部である日本麻酔科学会セミナーの受講歴を
   満たす方のみに表示されます。
   (「申込」ボタンは、10月2日10:00am以降、申請期間内のみ表示)    
 【注意事項】
  ・コンビ二支払いは着金まで時間を要します。提出書類の一部は着金後にマイページより
   出力可能となります。更新認定料(審査料・登録料)をコンビ二でお支払いになられる際は
   提出期日より余裕をもって申請の手続きをして下さい。
  ・2020年4月1日~2023年3月31日までに、申請要綱で指定する受講歴がない場合、
   申請要件を満たしませんので、更新できません。
   (日本麻酔科学会セミナーの受講歴は、マイページでご確認いただけます。) 
  ※更新要件を満たさない場合の救済措置として、再認定申請が導入されております。(リンク

 尚、申請期間内に所定の手続きを行なわない場合、認定資格は喪失となりますのでご注意ください。

  • Category:
  • Author:事務局

e-learning視聴サイトリニューアルとマイページご利用再開のお知らせ

e-learning視聴サイトをリニューアルいたしました。
今回のリニューアルで、よりわかりやすい画面構成に
なるよう見直しを行っております。

また、ご利用を停止しておりました、e-learning視聴サイト
ならびにマイページを再開いたします。
長らくの間、ご不便をお掛けいたしました。
ご協力いただき誠にありがとうございました。

併せて、本日より以下のe-learningコンテンツを新たにリリースいたします。
詳細は下記をご確認ください。

◇8月28日新着情報: 周術期管理チームセミナーe-learning 新テーマ公開のお知らせ

https://public.perioperative-management.jp/news/archives/396


◇8月28日新着情報: 術後疼痛管理研修 講座1~5 vol.2公開のお知らせ

https://public.perioperative-management.jp/news/archives/397

 

  • Category:
  • Author:事務局

術後疼痛管理研修 講座1~5 vol.2公開のお知らせ

術後疼痛管理研修の下記講座において
vol.2をリリースしました。

当該科目をお申込みの際は、すでに公開中のもの(vol.1)、
もしくは今回新たにリリースしたもの(vol.2)のいずれかをご選択ください。
どちらを受講いただいても、当該科目(テーマ)を受講したものとみなされます。
(基本的な内容は同じですが、vol.2は同講座の新版となります。)

講座番号 講義テーマ
1 痛みの伝達
2 術後急性痛・痛みの評価法
3 痛みと循環・呼吸(・代謝・内分泌)
4 痛みと中枢神経・消化器(・免疫)
5 薬剤安全管理

≪閲覧期限≫
vol.1 2027年8月31日
vol.2 2028年8月31日
 ※購入は閲覧期限の1か月前まで

研修は、周術期管理チーム認定制度のマイページよりお申込み可能です。
詳細は以下をご参照ください。
▶受講方法と費用
https://anesth.or.jp/users/person/perioperative_training/course_and_cost

  • Category:
  • Author:事務局

周術期管理チームセミナーe-learning 新テーマ公開のお知らせ

日本麻酔科学会主催 周術期管理チームセミナーe-learningの新テーマを本日より公開いたします。
受講は、マイページにログイン後「e-learning申込」よりお手続きください。

【今回リリースの内容】

名称 第16回周術期管理チームセミナー 
講座名
  1. 昔の常識、今の非常識
      田村 岳士(関西労災病院)
  2. 術前検査データに関する豆知識
      関 博志(杏林大学医学部付属病院)
  3. ERASにおける周術期栄養管理の理論と実際
      内藤 祐介(奈良県立医科大学附属病院)
  4. 周術期禁煙はどうしたら成功する?
      田辺 久美子(岐阜大学医学部附属病院)
  5. 「術中心停止に対するプラクティカルガイド」を理解するために
      高橋 伸二(順天堂大学医学部附属浦安病院)

  ※年次セミナーページへのリンク
【受講単位】1テーマ(約30分)
【受講料】3,300円/テーマ
【視聴期間】購入後~当該テーマ公開終了まで(何度でも視聴可)
  ※各テーマは5年間公開予定
  ※購入は閲覧期限の1か月前まで
【次回リリース】2023年12月(予定)

★本セミナー(周術期管理チームセミナー)は周術期管理チーム認定申請対象セミナーとなります。
★回線スピードにより、再生までに時間かかることがありますが、そのまま始まるまでお待ちください。

その他詳細は、e-learningページをご覧ください。
https://public.perioperative-management.jp/elearning

 

  • Category:
  • Author:事務局

【重要】台風の影響による事務局機能一部制御のご案内(8月15日)

2023年8月15日について,台風7号が関西を縦断する恐れがございますため、
事務局機能を一部制御させていただきます。そのため、お電話、お問い合わせに
ついては16日以降に対応を再開させていただきますので、ご理解賜りますよう、
お願い申し上げます。

  • Category:
  • Author:事務局